福山和人

福山和人

ふくふく家族

第18回散髪

小学生の息子は散髪屋さんでしてもらうのが好き。
おばちゃんとかおじちゃんにも慣れて「ホーム」な感じ。
こういう場があるの、いいと思う。親とは違う大人と交流する場。

控えめではあるが、もう一丁前に自分でああしてくれこうしてくれと言う。木のパズルも上手。
終わったらお駄賃に駄菓子をいただく。それを選ぶのも子どもにはちょっとしたドキドキ。
自分で「どれがほしい」と言えないとダメだ。
もうそれは心配なく言えるようになってきた。

小さいときから見ていてくれる散髪屋さん。
お姉ちゃんはもう美容院に行くようになってしまったけど、それはそんなものかなあ。
お父さんは散髪屋さんに行くほどの毛がなくなってきたなぁ。
夫は最近私がバリカンを当てることが増えた。
最初のころ髪を何ミリにするかは家族でもめた。
思いきりよく短くしたい夫。冒険を恐れる家族。
今はもうかなり短めでも慣れてきて、来年の年賀状のイラストはつんつるてんでもいいかと思っている。
いさぎよい髪型。彼らしい。

Tweet
シェア

ふくやまかずひとをご紹介ください

ふくやまかずひとをご紹介ください

ページトップへ戻る