福山和人

福山和人

ふくふく家族

第28回下宿

昔、夫が下宿していた納屋の二階は通称「忍者部屋」。
床の一部が入り口で、開閉の時は垂直方向に動かす。
開けておくときはつっかい棒を立てておく。床から出入りするわけだ。
司法試験の受験生当時、彼の部屋はけっこう片づいていた印象がある。
私の先祖は甲賀流忍者なので「忍者部屋」に縁を感じる。
この忍者部屋をめぐってはいろいろ面白いエピソードがあるが、本人の語りが面白いので、機会のある方は是非本人の口から聞いてみてください。

Tweet
シェア

ふくやまかずひとをご紹介ください

ふくやまかずひとをご紹介ください

ページトップへ戻る