福山和人

福山和人

ふくふく家族

第34回いっしょにお風呂

息子はいまだにお父さんとお風呂に入りたい。
彼が寝る時間近くまで入りそびれているところに夫が帰ると、彼は必ず「お父さんいっしょに入ろ!」と言う。
夫はたいてい息子と賑やかに入るが、本当はお風呂があまり広くないので(彼が大きいからか)一人で入りたい。
疲れていると特に。
その気持ちはわかる。
でも夫が難色を示すと息子は明らかにがっかりする。
どちらもわかる。
だから何度かに一度は「お父さん疲れたはるし一人で入っといで」と言うし、また逆に「今だけなんやし、入ったってよ」と言う。

本当はそんなに遅く疲れて帰ってこなくてすむような社会ならいいのになと思う。
外国で暮らす私の友達はもっと早くうちに帰って普通に家族といっしょに晩御飯を食べている。
生まれた国によって大きく条件が違う。
労働時間はとりわけ私たちの生活の様相を左右する。
時短。最低賃金。
私たちの社会はもっとよくしないといけないし、私たちの暮らしはもっとよくなるはずだ。

Tweet
シェア

ふくやまかずひとをご紹介ください

ふくやまかずひとをご紹介ください

ページトップへ戻る