福山和人

福山和人

ふくふく家族

第35回約束

結婚して10年子どもがいなかったので、娘と35、息子とは40、歳の差がある。
ちなみに夫は息子と47歳違う。

息子がふいに言う。
「お母さんって遅いお母さん?みんなのお母さんは30とかやし」
「そうやな。なんで?」
「うーん。親の死に目に早く遇ってしまうやろ」
「うー。お母さん、頑張るわ」
息子をハグハグしてしまう。

愛別離苦。
愛し合って生きていてもいつかは別れる。
それを恐れる気持ちは年々大きくなる気がする。
そういえば昔、別れを想像するのも悲しくて、夫に証文を書かせたことがある。
日付けは 2001年。結婚して8年めか。

「誓約書
私こと福山和人は、妻○○知子よりも、一日でも長生きすることを誓います。
2001.3.3
福山和人(印)」

一応シャチハタの認印も捺してある。
夫は「何をアホらしい」と言いながら、私が「証文がないと不安だ」としつこく言うので、仕方なしに一筆書いてくれた。
私はとりあえずは安心したが、考えてみれば夫が約束を反故にすることだってありうるのだ。
はっきり言って逝ったもん勝ちだ。油断できない。
出産の時も「俺が育てるからつべこべ言わず産んでくれ」と大嘘をついた男だ。
ブチブチ言っていると、夫が「絶対俺の方が長生きするから安心せえ。俺、キミみたいにヘロヘロやないし」確かにそうだ。
早生まれでも彼は子どもの頃いつも同学年の誰よりも発育が良かったし、今もめったに風邪も引かない。
虫歯にもならない。
ヤレどこが痛いソレ何が悪いと四六時中お医者さんのお世話になっている私とは動物の種属的に違うように思う。
いずれにせよ、私は彼には長生きしてもらうことにしてあるので、子どもと彼に看取ってもらう。
別れの床で何て言おうと考えているが、あまり気の利いたことも言えず「楽しかったわ。ありがとう」ぐらいになるかなと思っている。

Tweet
シェア

ふくやまかずひとをご紹介ください

ふくやまかずひとをご紹介ください

ページトップへ戻る