福山和人

福山和人

ふくふく家族

第26回学び合う

夫から学んだことは料理の他にたくさんある。
特に印象深い二つのことについて書きたい。

一つは「黙って嫌っとけ」ということ。
テレビを見ていて私がヤレこの歌手は嫌いだコノ役者はいけ好かんと言うと、夫は心底イヤそうに「嫌いな人のことは口に出すな。黙って嫌っとけ!」と言ったものだ。

なるほどそれは周りからは不快だし、意見が合わないとき、言われた方はしんどい。それから私は出来るだけ「黙って嫌う」ようにしている。

もう一つは「正論は人を遠ざける」ということ。
夫婦喧嘩をするとたいてい私が正しい。
イヤ、大いに異論があろうがここはことを単純にするためにどさくさに紛れて敢えてそう言う。
で、私が彼を「どうだ!参ったか」と言わんばかりに追い込むと、彼は思わぬことを言う。
「キミの言うのは正しい。正論や。でもそうやって正論を振りかざされても俺の気持ちがついてこーへんのや。人には気持ちっていうものがあるやろ」
うーん。私の三角にとがった目の角がまるくなった。
なるほど。
そして彼は言う。
「正しいことほど控えめに言わなあかんと思う」
幾度となく同じような夫婦喧嘩を繰り返し、最近は私も少し話し合いの仕方がましになってきたように思う。
今は二人の子どもらにこの二つを伝えようと努力している。
しかし彼からばかり学んでいるとなると癪にさわる。
彼にも何か私から学んだことについてレポートを書いてほしいと思う。
ないのか?あるやろ、一つぐらい。

Tweet
シェア

ふくやまかずひとをご紹介ください

ふくやまかずひとをご紹介ください

ページトップへ戻る