福山和人 福山和人

吉田 耕太

2018.03.27

願いをつなぐ

働いて4年目。毎年数名辞めていく。辞めたあとの穴はうまらない。残された職員は長時間・過重労働を余儀なくされる。そしてまた誰かが堪えきれず辞めていく。
退職の理由は、人手不足が要因。介護を支える担い手が質的にも量的にも不十分な環境。新人職員を教育し、支える側も余裕がなく、なにも知らない新人にとっては過酷な環境だったんだろう。介護の楽しさ、やりがいをこれからもっと伝えていくはずだったのに。悔しくてたまらない。
人が一人辞めることでの影響は本当に大きいと毎年感じる。
一人の職員が辞めてしまうと、利用者の生活の場面にも影響がでてくる。
現状は本当に厳しい。利用者を守る為の『人』=『担い手』があまりにも少ない。
もっと前向きにより良い介護を追及したい。だからとにかく『人』を増やしてほしい。
福山和人さんは、介護事業所の支援、福祉労働者の給与・家賃の補助制度を提案されていると聞きました。ぜひ、知事になって実現してもらいたいです。

記事一覧へ戻る

福山和人をご紹介ください

PAGE TOP